農事組合法人 羽白開発
会社情報
羽白開発について

羽白開発は昭和56年5月、青森初の農事法人として発足しました。

稲作事業を柱としており、羽白開発で所有する土地以外でも作業受注等や借地利用で大規模稲作経営を行っております。
近年では育苗や田植作業の省力化を狙った直播栽培にも取り組んでおります。
販路は系統出荷を主体としながら、量販店や外食チェーンとの契約販売やインターネット販売など、独自販路の開拓も行っております。
それに付随して、あおもり藍による地域振興活動や海道そばのブランド化などの取り組みも行っております。

羽白開発創業者紹介

福士 英雄

1947年青森県青森市生まれ。
63年に地元の油川中学校卒業後、就農。
70年、若手農家5名で機械共同利用組合「友農会」を発足。
同会を発展させる形で、74年に羽白開発組合を7名で設立。
80年に法人化し、農事組合法人羽白開発となる。
90年に3代目代表理事に就任、16年間にわたって同組合を率いる。
2007年春より相談役に。
趣味は写真、釣り、ドライブ。

羽白開発へのお問い合わせはこちらから。お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ