農事組合法人 羽白開発
新着情報

カテゴリー

  • 新着情報
  • 稲作
  • 藍の栽培
  • そば
  • その他作物

秋田県鹿角市で開かれた種苗交換会に。

(2015/11/10)

毎年秋田県で開かれる種苗交換に11月2日に行ってきました。
ここでは東北の中で開かれる展示会としては1番大きい展示会だと思います。
各メーカーの展示から実際に最新型のトラクターやコンバインなど動かして説明してくらたりしています。
今年見に行って1番驚いたのがクボタのトラクターでまだ未発売の150馬力で日本ではおそらく北海道の畑でしか活躍出来ないと思いますが迫力は凄かったです。
前の重りが1.5トンで後ろには9トンの物がつけられるとか・・・。
ノーマルで2千万円位するらしく、フル装備だと3千万位だとか・・・。
青森なら土地付き1軒屋が立ちますよ。
ヤンマーのトラクターもデザインが凄くもはやトラクターの位置を超えてました。

藍の収穫が始まりました。

(2015/08/18)

最近テレビ局でも出でいる青森藍の収穫が始まりました。
今年青森市は春先から降水量がかなり少なく余り良くないみたいですが、収穫してある程度自然乾燥して、乾燥機にかけます。
ここからが大変な作業で手作業で葉をこするのですがこの手作業が中々大変な作業です。
こすった葉を選別機にかけて葉のいい部分だけにします。
1番刈りと2番刈りとでは成分が違うみたいです。
この様にして藍を収穫しています。

機械ロータリーパート3

(2015/04/07)

資料はこちら

もうすぐ種まきであと2週間もすればロータリーの時期ですね。
弊社はけしてメーカーではありませんが並べてみると多いですね。
この他にももう少しありますがここに写ってるのは今メインで使ってるロータリーです。
後はコンバインも写しておきます。
この他に6条のコンバインがもう1台ありますがこのコンバインはもう人間で言えば90歳くらいですがまだ動いてます。
時間が1300時間超えていてメーカーでもこんな時間のコンバインは見たことないと言います。
これから農家は本番ですね。
 

弊社の会社のトラクターの紹介!

(2015/03/02)

うちの会社はほぼクボタが多いが昨年深い補助や小さな補助の所の為にヤンマーの全キャタの22馬力トラクターも導入しました。
うちの会社のトラクターは一般農家の5倍位稼動しているので寿命も早いが出来る所は自分達で修理します。
機械は安くないので米価が下がった今では維持するのに大変です。
今年もこのトラクター達には頑張ってもらはないとです。

トラクターパート2!

(2015/03/02)

この他にも後3台ありますがクボタKL41と2台ありますがかなり古いので部品が出るか微妙ですが・・・。